AGAの原因は男性ホルモンの異常など

AGAとは男性型脱毛症の略です。

英語で書くと「Androgenetic Alopecia」です。

これは髪の毛が薄くなったり、額が広くなったり、頭頂部が薄くなる症状のことです。

ではなぜAGAになってしまうのでしょうか?考えられる原因はいくつかあります。

大抵は、原因は一つだけでなく、いくつもの理由が重なり合ってAGAの症状が出るようです。

まず男性ホルモンの異常があります。

男性ホルモンは、もともと筋肉を作るため、また体毛を濃くするために不可欠なものです。

しかし男性ホルモンの一つであるテストステロンが悪さをしてAGAを引き起こすことがあります。

このテストステロンが5a-リダクターゼと結合し、DHTに変換します。

これが出来ると、皮脂腺が過剰に反応し、皮脂がたくさん分泌され、毛穴の角質と混ざり、毛穴が塞がれてしまいます。

そして、毛乳頭が萎縮し、発毛が抑制されてしまうようです。

また考えられる別の理由は遺伝です。

これもAGAの大きな原因との一つになっています。

父親、また祖父の髪の毛が薄いと遺伝の法則で、髪の毛が薄くなる子供が産まれる可能性は高いでしょう。

さらに考えられる別の理由は、偏った食生活のため、また生活習慣の乱れ、例えば睡眠不足、また喫煙により髪の毛が薄くなることがあります。

また現代生活ゆえのストレスも症状をさらに悪化させることがあるでしょう。

またヘアサイクルが乱れることによって起こることもあります。

通常、成長期が2-5年、退行期が2-3週間、そして休止期が2.3か月で、この3つのサイクルで回っていますが、AGAの場合、このサイクルが異常に短く髪の毛が十分に成長しないうちに抜けてしまう事があるようです。

参考にしたページ→http://www.planetasautov.com/