AGAの治療法について

日本皮膚科学会が奨励していて、AGAの場合一番先に使われる薬は「ミノキシジル」です。

ミノキシジルを服用することで、毛細血管が拡張し、血流が改善されます。

血行がよくなると、発毛に必要な栄養素が毛根の隅々にまで行きわたるので、AGAの改善につながることでしょう。

またミノキシジルを服用することで、毛乳頭細胞に作用され、髪の毛の成長因子が放出されます。

成長因子が多くなると細胞分裂が活性化され、髪の毛の成長を早めることが出来るでしょう。

このようにミノキシジルは主に二つの作用、①血流改善、②成長因子の放出がなされ、結果としてAGAの治療につながります。

ミノキシジルには経口薬と外用薬があります。

この薬と同時に、アミノ酸やビタミン、ミネラルを同時に摂取するならさらに効果が期待されることでしょう。

この方法でも改善が見られない時、次に行う治療は、自毛植毛です。

植毛が出来ない場合は、以下の薬を試すこともできます。

しかし、まだこの方法は有効性を示す根拠が少ない方法です。

塩化カルプロニウム、t-フラパノン、アデノシン、サイトプリン、ケトコナゾールです。

セファランチンは、検証不十分のため推奨できませんがAGA治療で使うこともあるかもしれません。

しかし人工毛直毛は使用されないように勧告されてします。

また女性の場合、プロペシアは服用できないのでご注意ください。

以上の情報を基に、AGAのカウンセリングの際、お医者さんと相談するようにしましょう。