AGA治療の際に知っておきたいこと

まずAGAと分かったら、早めにケアを行うようにしましょう。

AGAは進行する病気ですので、治療が遅ければ遅いほど、回復は見込めないでしょう。

というのは、髪の毛が本当になくなってしまったところからは、髪の毛は生えてこないからです。

しかしよくみると、産毛のような毛が残っています。

ですから、そこにアプローチをして、髪の毛の成長を助け増やすことは可能です。

もともと髪が細くコシがなかったものを、太く元気にすることはできます。

しかし全部なくなってしまった所に治療をいくら施しても、髪の毛が生えてくることはないので、ですから早めに治療をするようにお勧めします。

次に、結果が出るには時間がかかることを思いに留めておきましょう。

時には、治療を始めると抜け毛が余計に増えることがあります。

これは新しい髪の毛が、もともと弱い髪の毛を押しのけて発毛する現象で、一時的ですので心配しなくても大丈夫です。

しかし薬が合わないなどの理由で副作用が出ることもありますので、医師へ相談するようにしましょう。

そして治療は根気強く、続けることが大切です。

AGAの治療の効果が表れるまで3-6か月かかりますので、途中であきらめることなく、毎日治療をしましょう。

その際には、医師の指示にきちんと従う必要があります。

例えば、一日朝一回薬を服用、そして朝夕に塗布という指示が出た場合、多くすることも少なくすることもせずに、きちんと指示された通りに治療をしましょう。

効果を期待して増やすことなどは絶対しないようにしましょう。