正しいシャンプーの方法

きちんとシャンプーすることはAGA治療ではかかせません。

頭皮に脂が残っているとAGAを悪化させることがあるからです。

それでここでは正しいシャンプー法をご紹介したいと思います。

まず、シャンプーの前にホコリを落としましょう。

シャワーを頭全体に当てて、髪を濡らすのではなく、十分に流すようにします。

手のひらでお湯を受けるようにして、そのままお湯を頭皮にまで浸透させるようにタプタプさせます。

そして指の腹で、頭皮の汚れやほこりを落とします。

次にシャンプーを泡立てます。

手のひらに1,2プッシュとり、軽く泡立てます。

そして泡を髪につけます。

このときゴシゴシすると頭皮を傷つけてしまうのでそれは避け、汚れと皮脂を泡で溶かしこむような形で洗うようにしましょう。

できれば2度会洗いしましょう。

シャワーで一度よくすすぎ、今度は一回目のシャンプーの半分の量で洗うようにしましょう。

髪の毛の洗う順番でsが、まず後ろの生え際、そして耳の後ろ、耳の上、頭頂部、側頭部、そして最後に額の生え際といった感じに、後ろから前に洗っていきます。

シャンプーが終わったら、十分に流すようにしましょう。

そしてタオルポンポンと軽く押し当てるような感じで乾かします。

水分を取ったら、ドライヤーを使って乾かしましょう。

水分が残っていると雑菌が入りやすいので、ドライヤーを髪から離して当てて、頭皮を乾かす感じで使いましょう。

以上が正しいシャンプー法です。

「はげは遺伝」は本当?防ぐ3つの生活習慣 AGA治療薬では強い副作用で死例